ファミリーバイク特約とは?

ファミリーバイク特約とは?

ファミリーバイク特約とは、メインドライバー(記名被保険者)、その配偶者、または同居の家族、別居の未婚の子が所有または借りて乗った原付(125cc以下)と50cc以下の三輪以上の車で、対人・自損事故・対物事故を起こした場合に保険金が支払われる保険です。

 

自動車総合保険の場合は、無保険車傷害も適用されます。

 

自家用自動車総合保険では、無保険車傷害に関する記載はありませんが、自家用自動車総合保険の無保険車傷害では、被保険者に乗車中以外でも、支払い対象となっているためにあえて記載されていないだけです。

どんな場合に契約できるのか?

この特約保険を契約できるのは、自動車総合保険と自家用自動車総合保険だけです。

 

原付に乗る可能性のない人もいるわけですから、任意に付ける特約となっています。

 

なお、自動車保険にはこの特約はつけられません。

 

また、この特約を付けられる車種には制限があり、個人が所有、メインドライバー(記名保険者)となっているノンフリート契約の自家用普通・小型・軽四輪乗用車および自家用小型・軽四輪貨物車の自家用5種類と、自動車総合保険契約では、これに加えて、自家用普通貨物(最大積載量0.5トン以下)・特殊用途自動車(キャンピングカー)となっています。

 

このキャンピングカーとは、自動車検査証(車検証)の記載で用途が特殊であり形状がキャンピングカーとなっているものを言います。