事故を起こした時の対応法

事故処理方法

1.人命救護措置

 

人身事故で負傷者が出た場合、当たり前のことですが、その救護が最優先とあります。

 

被害者が軽傷なら、すぐに安全な場所に移し、重症の場合は後続事故の恐れがなければむやみに動かしたりせずに、救急車を呼んだり、人工呼吸や止血などの応急処置する義務があります。

 

2.二次災害の防止

 

パニックになって車から飛び出して後続車や対向車にひかれたり、車を事故現場に残して道路を混乱状態に陥らせたまま、さらに大きな二次災害につながらないように、最大限の注意をはらいましょう。

 

車が動く場合は、安全な場所に移して、交通を円滑にすることで危険を防止しましょう。

 

3.警察へ通報

 

道路の安全が確保できたら、人身・物損事故を問わずに警察に通報します。

 

事故現場からむやみに離れると「ひき逃げ」の容疑をかけられることもあるので、警察が到着するのを待ちましょう。

 

この時、携帯やスマホのカメラでできるだけ多くの撮影をして、ない場所でも車の位置など、事故の状況が把握できるようにスケッチしておきましょう。

 

 

※1〜3の措置は最低限行わなければいけない義務です。怠ると救護措置義務違反、報告義務違反となり、道路交通法で罰せられます。

 

4.相手の確認

 

加害者であれ被害者であれ、事故の相手から、住所、氏名、電話番号、免許証番号、勤務先の会社名(住所、電話番号)などを確認し、以上の項目は最低限メモしておきましょう。

 

また車検証の内容から、所有者、登録番号を確認し、メモするとさらによいでしょう。

 

5.保険会社へ連絡

 

契約している保険会社へ連絡し、事故処理サービスの担当者や代理店の指示を受けましょう。

 

また警察の取り調べが終われば、もう一度連絡して、その内容を報告し再び指示を仰ぐようにしましょう。

 

さらに、夜間や休日に事故を起こしたときは、とりあえず保険会社の「夜間・休日センター」に連絡し、翌日あらためて保険会社に連絡しましょう。

 

6.現場の立ち合い

 

どのような状況で事故がおこったのかを警察が現場で調査する実況検分に立ち合います。

 

このとき警察官の名前をきいておくとよいでしょう。

 

7.事故証明をもらう

 

事故を届け出た警察や交番で手続きをして、保険金の請求に必要となる「交通事故証明」をもらうようにします。(通常は保険会社がとってくれます。)