バイクの任意保険の選び方

もっと安く賢く、任意保険を利用したい

任意保険は特約を付けることで補償がさらに充実するが、ネット申し込み奈良保険料が割り引かれるなどお得な特典もあります。

 

相互比較サイトを活用する

 

バイク保険の相互比較サイトも活用してみよう。

 

条件を入力して一括見積もりができるだけでなく、各保険会社のセールスポイントが要約してあるなど、保険の基礎が学べるコンテンツも用意されている。

 

ファミリーバイク特約を利用する

 

セカンドバイクを持ちたいと思っているなら125cc以下の原付にして、ファミリーバイク特約を契約すれば日以上にリーズナブル。

 

税金だけでなく、保険料でも原付バイクの経済性は非常に高いのだ。

 

時価以上の修理に対応する対物差額修理費用担保特約

 

対物賠償保険は過失の割合に応じて保険金が支払われるが、そのバイクの時価(中古車市場価格)が上限。

 

しかし、レストアやカスタム車なら納得できない。

 

そんなときの差額を支払ってくれるのがこの特約。

 

ノリ手によってはリスク細分型が断然お得

 

予想最大走行距離が5000q未満、バイクの使用目的が仕事ではなくレジャー、運転免許証の色がゴールド、事故が少ない地域に住んでいるなど、契約者の条件によっては保険料を大幅に安くできる。

 

条件設定で保険料を安くする

 

任意保険は運転者の年齢条件を設けることで保険料を安くすることができる。

 

ただし、条件外年齢の事故時には原則的に補償されない。

 

年齢条件を満たさない者へは、くれぐれもバイクを貸さないようにするべきだ。

インターネットを利用して上手に保険会社を選ぼう

インターネットにアクセスできるなら、複数の保険会社の料金を一括見積もりし、それぞれの価格や、プラン内容がわかる比較サイトを利用しない手はないです。

 

バイク保険を専門にしたサイトもあり、そのままオンライン契約の画面へもすぐ行けます。

 

また、125cc以下のバイクなら「ファミリーバイク特約」が使え、断然お得。

 

家族が加入している自動車の保険に付けることで、同等の補償が受けられます。

 

同程度の任意保険に単独で契約するよりも、はるかに安上がりで、他人から借りた原付バイク(125cc以下)でも補償されるので、原付ユーザーなら利用価値が大きいです。

 

四輪車の任意保険だけでなく、対人、対物賠償を契約している自動二輪車にも付けられるます。

 

ネットリスク申し込みや細分型を利用しつつ、必要な特約をチョイスし、自分に合った保険プランを決め、保険料を節約しましょう。

 

車検の見積もりはコチラ