安いバイク保険の価格がすぐにわかる!まとめて見積もり

対物事故でも数千万円の賠償額に

もし、相手にケガを負わせるような対人事故を起こしたら…。

 

自賠責保険から傷害補償が出るものの、その金額はたった120万円。

 

入院するようなケガの場合はまず足りません。

 

また死亡事故から自賠責保険が3000万円を補償してくれますが、最近の賠償額は3億円を超えることも珍しくありません。

 

バイクの洗車

 

例えば、飲酒運転の乗用車にはねられ、意識不明の状態が続いている被害者の家族が運転手を相手取り、損害賠償を求めた。千葉県地裁佐倉支部の判決は3億300万円の支払を命じました。

 

とても賠償することはできず、相手に多大な迷惑をかけるばかりか、自分の人生が破たんするほどの大きな損害を、受けることになります。

 

そこで多くの人が任意保険に入っていますが、保険料を下げたいあまり、補償金額を下げがちなのが対物保険です。

 

ぶつかった相手がフェラーリなどの超高級車や営業車だったり店舗や信号機などを壊してしまった場合、1000万円単位の請求をされることもざらではありません。

 

対物事故の場合、損害賠償請求されるのは、車やモノの修理代だけでなく、事故によって生じた間接的な損害、つまり休業損害や営業損失なども積算されてしまうからです。

 

例えば、相手がバスやタクシーなどの業務車の場合休業補償分の賠償金も発生します。

 

踏切事故で電車の運行に影響を与えてしまった…。

 

そんな事故なら損害賠償は1000万や2000万円でも全然足りません。

 

たかが対物事故と甘く考えず、万が一のことを考えれば、無制限の保険を契約してくべきです。

 

なお、対物保険はあくまでも他人のためのもので自分や家族のものを壊しても保険はおりません。

 

たとえは、自分の庭にバイクをしまうときにドアや窓を傷つけた場合も対象外となります。